HOME > 新築 > 安さの秘密 > 作業効率アップの4つの取組み

安さの秘密

作業効率アップの4つの取組み

以下の4つの取組みから、合理的な人員削減と作業効率UPが実現できています。
弊社は1人の担当者が、様々な業務をこなすことができるので、徹底的な合理化を可能にしています。
そのため、不要な人件費がかからないので、経費を少なく済ませることができ、固定費が少なくすんでいます。

設計担当者の削減

住宅会社には設計担当者が1名~3名くらいいるのが一般的だと思います。大手ハウスメーカーになれば、何十、何百人といるでしょう。しかし、弊社の場合は隊長がすべての設計やデザインをおこなっています。

今まで、何百とやって来たプランがありますので、その中から良いものだけを厳選し改良を加え、お客様に提案しています。また、間取りや使い勝手に関しての情報等は、主婦の意見を聞いて商品に反映させています。住宅の商品開発には、普段から家事をしている主婦の意見を聞く事が一番です。そのため、他社と比較した場合、設計担当者の削減が実現できています。

なお、家を建てるための申請等については、一級建築士とパートナー契約を結んでいるため、届出等万全の状態になっています。ご安心ください。

積算担当者の削減

一般的な住宅会社の場合は、フリープランと言って様々なプランを設計します。そのため、お客様に提出するごとにどのくらいの材料費用がかかるか積算する必要があります。その金額に会社の利益を乗せてお客様に見積もりを提出する、という流れです。

実際、1人の営業マンが20人~40人くらいのお客様に提案をしてご契約となるのが平均1人ほどです。ほとんどのお客様にプランを提出する形ですが、20~40人分の設計担当者の費用、積算担当者の費用、担当営業マンの費用、これらすべてが契約する1人のお客様に経費として集中するわけです。その他にも事務スタッフ、コーディネーター、大きい会社になれば幹部や社長の人件費などもかかってきます。

当然、建物を高く売らなければ会社は存続できません。どこの会社の営業マンでも年間に6~7棟契約が取れれば良い方です。

弊社の場合は、毎回の積算をおこないません。今までに何百と建物を建てたデータがあるため、建物ごとに毎回積算するようなことはしません。いざとなれば、隊長やコーディネータースタッフがおこないます。ですから弊社には、積算担当者はおりません。

多能工なスタッフ

弊社のスタッフは、業務内容が多岐にわたります。インテリアコーディネート、協力業者さんとの打ち合わせ、商品の発注、お客様との打ち合わせ、現場案内、積算、仕様書作成、見積書作成、請求書作成、事務全般、そしてそれらのコーディネート、アフターメンテナンス等、これらの業務を全てこなします。その他、営業のサポート、現場監督のサポートなどもおこないます。

他社では、これらの業務を担当者ごとに分けてすすめています。弊社では担当をわけず、1人1人がさまざまな業務を行う事により人件費をカットしています。そのため私達は、多能工なスタッフで経営できております。

営業マンは雇わない

営業は全て隊長1人でおこなっています。その他、外部の不動産屋の方や、お客様から紹介などを受けているので、その方達が弊社の営業マンでしょうか?

隊長自身が多くの仕事をやっているため、お客様のもとに訪問するようなことはできません。土曜日、日曜日にお客様が集中するのでお客様自ら、ご来店いただいて接客させていただいてます。そのため弊社は、隊長と多能工なスタッフとの連携プレイで営業マンは雇わない方針です。
リフォーム 邑楽町 トップに戻る